« いちばん桜 | トップページ | WIDE-E (2015春夏) »

2015年6月 6日

エールを二本(その2)

Asahipaleale

遅ればせながら飲んだアサヒの「ドライペールエール」
あまり期待してなかったけど
旨い
ホップの香りがいい
もう見かけないけど生産終了したのだろうか。

一緒に飲んだ「デュベル」
泡がしっかりと細かい。
上品な味と香り。
美味い~
けど値段高過ぎ。
われわれ一般庶民が日頃飲めるビールではない。
けどそれでいいのかもしれない。

|

« いちばん桜 | トップページ | WIDE-E (2015春夏) »

コメント

こんにちは。ご無沙汰です。
ドライペールエールはアサヒとしてはなかなかでしたね。
ヨーロッパのビール、デュベルにしてもシメイ、オバル・・・
1本500円以上ですから、たまーにしか飲めないですね。
最近はキリン「一番搾り」の、各地の工場のオリジナルが
結構いいですよ。我が家の近くでは、神奈川県の横浜
茨城県の取手のものが手に入りました。
ある意味「一番搾り」とは別物になってます。
モルツとプレモルみたいな感じですかね。
じめじめして嫌な季節ですが、良く冷えたビールが
一番おいしく感じるような気がします。

投稿: ハス | 2015年6月22日 00:29

御無沙汰です。
スッキリなビールが美味しい季節になりましたね。
アサヒのドライペールエールは、名前からスーパードライを連想してしまっていたのですが、意外に香りが良くて、もっと買っておけばよかったと思いました。やはりエールだけのことはあります。
一番搾りの地域限定版についてはまったく頭にありませんでした。別物でしたか。
こちら新潟で販売されているかどうかわかりませんが、もし見かけたら飲んでみます。

投稿: 鳥見人 | 2015年6月23日 12:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169363/61703205

この記事へのトラックバック一覧です: エールを二本(その2):

« いちばん桜 | トップページ | WIDE-E (2015春夏) »