« 復刻ラガー | トップページ | 三貫梨の乳銀杏 »

2006年12月10日

復刻ラガー2本目

1210lager2  先日飲んだのは冷え過ぎて味がよくわからなかったので今度は常温(といっても10度くらい)で飲んでみた。
うまい!
苦いけど心地良い苦さ。ビールの味がする。
 大正より明治のほうがやや濃厚な感じがするのは炭酸がやや弱いからだろうか。現代のに比べたら大正ラガーも炭酸弱めの感じだけどね。
 原材料をみてみると、明治は麦芽とホップだけだったのが大正になると副原料として米を使っている。昭和になるとさらにコーンやスターチが加わり、現代のラガーでは熱処理をやめてフィルターで酵母を取り除くようになった。
キリンラガーを4世代並べてみると大衆の嗜好変化の傾向がな〜んとなく見えてくる。

|

« 復刻ラガー | トップページ | 三貫梨の乳銀杏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 復刻ラガー2本目:

« 復刻ラガー | トップページ | 三貫梨の乳銀杏 »